スカイマークがニューヨーク線に新規参入予定?

Categories スカイマークの動向リスト

skymark1

スカイマークは真意のわからないニュースが流れることが多々あります。過去にもこんな噂があったけどどうなったのかな?と思うものも沢山あり、スカイマークが検討し尽力してきた歴史の一つでもあります。当時西久保氏がスカイマークの社長であった時はITの知識を生かしながらスピード感ある改革を目指していたようです。そんなスカイマークに起きた過去の海外話も交えてご紹介します。

■スカイマークはニューヨークに就航予定だった?

スカイマークがニューヨークに新規参入を予定しているとニュースで流れたことがあります。それは2012年上半期の決算説明会で述べられた話だそうです。当時、超大型エアバス380が導入される話があり、当初はヨーロッパを検討していましたが、なぜかニューヨークの話の方が広まってしまったそうです。当時の西久保氏の話によるとニューヨークのJFK空港において超大型エアバス380が駐機出来るゲートの使用について交渉していたとか。ニューヨークのJFK空港は意外にも激戦区の為、進展が見られなかったそうです。

■スカイマークは台湾に就航予定だった?

2010年以降にスカイマークは台湾に就航しようとしていた時期があります。実際に、過去に韓国の仁川空港にチャーター便を飛ばしていた過去があり台湾を皮切りに海外への進出を目論んでいたそうです。しかし、スカイマークは当時機長の不足により前代未聞の大量欠航を起こしてしまった過去があります。その為、就航ともなれば定期的に安定して飛ぶ必要があり国交省側は難色を示していたそうです。国際便を飛ばし欠航になった場合、両国の間で恥さらしになるとしてまずは国内線の管理から行うように指摘したとされています。
その当時11機スカイマークは所持していたが、国交省の基準で12機になると大手とみなされ、当時スカイマークは小松空港や中部空港、熊本空港などに就航の場所を広めようとしていた矢先でした。

スカイマークは、いい意味でも悪い意味でも挑戦を繰り返しトライ&」エラーを繰り返しています。その背後には時代の流れによるLCCの価格競争があったり、JALの経営不振があったりとさまざまな理由が見え隠れしています。とはいってもスカイマークの伝説はまだまだあり、西久保氏は航空業界とIT業界が混ざることで革新的な変化をスカイマークに起こした人物でもあります。現在は経営不振により社長の座を退く形になりましたが、スカイマークのミニスカートといい、斬新な発想力でスカイマークを変えた人でもあります。

皆さんはスカイマークといったら格安航空券というイメージが多いかと思いますが、実は隠れた事実がたくさんある事がおわかりいただけたでしょうか?
これからも多くの人たちのスカイマークの航空券を予約する事かと思いますが、「格安航空券スカイマーク」の裏には実に大変な舞台が存在していた事を噛みしめながら楽しいスカイマーク空の旅をお過ごしいただければと思います。

スカイマークが海外進出に失敗した原因は?

Categories スカイマークの動向リスト

スカイマークと言えば経営不振による裁判が今年の3月に終わったばかりです。そのスカイマークがどうしてそこまで追いつめられる結果になってしまったのか。また、何か改善する方法はなかったのか、調べてみました。

■スカイマークが経営不振に陥った理由とは?

A380による国際線とA330による国内線がきっかけとなり経営が厳しくなったとされるスカイマークだが、実はそれ以前に段階があったとされています。もともと羽田空港ではこれ以上の路線を増やすことが難しく今後は国際線に力を入れ始めていました。そうなると国内線でどうやって売り上げを伸ばしていくかと検討した時に、より大きな飛行機を使い乗客数を増やす方法が正しいといわれていました。
ですが円高が進み、売り上げが赤字に傾き始めるとA380の購入中止を検討するようになりました。方法としては2つあり、機材の受け渡しの時期を伸ばすこと、目払い金は諦め別の機材に変更できないか確認することでした。その語交渉途中だったA380についてファックスが届き、選択を迫られる結果となりました。

この話が起きる前にスカイマークは、2010年にJALの経営破綻した時に12機のジャンボジェット機を購入する話があり、1機10億円で購入の話がまとまっていましたが、JALから断わられてしまったそうです。その理由としてスカイマークが入り込むことで運賃が下がり取り返しがつかなくなるとJAL側で判断したからだと言われています。

■その他、スカイマークがやり遂げようとして失敗したこと

スカイマークは当時JALの経営不振を受け退職者の大量採用を開始すると発表していました。内容としては機長と副操縦士が120名、整備士が50名、客室乗務員が100名以上の増員を予定していました。これもすべて国際線への準備のためだとしA380の影響もありこれは叶わぬ夢として終わりました。さらにドル箱と呼ばれる成田~ロンドン、フランクフルト、シアトルなどにも参入する予定もありました。国際線の運航がすぐ目の前に来ていたのに失敗してしまったとされるスカイマークですが本来であればスカイマークが国際線を就航させることに疑問視する声も上がっていました。空港ラウンジやサービス内容からしても中途半端なもので終わるのでは?と言われていたからです。実際にその夢は叶いませんでした。

スカイマークの失敗は今後の経営にしっかり生かされていくことでしょう。8月より新体制になったスカイマークの成長と今後の海外進出が楽しみですね。

スカイマークが今後海外に増やす路線とは?

Categories スカイマークの動向リスト

スカイマークについて明るいとは言えないニュースが流れた2014年~2015年。2016にやっと裁判を終えて民事再生法を終える形となり決着がつきましたね。新しい社長の就任や支援企業が変化したことで今後のスカイマークはさらに急成長が見込まれます。スカイマークの現在と未来の将来性についてまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

■スカイマークの現在は?

まず気になるのは今のスカイマークの状況についてです。スカイマークは今年8月5日全日空を傘下に持っているANAホールディングスやインテグラルなどの支援を受けて経営再建に乗り出しました。
LCCの低価格帯に顧客を奪われる形となったことや、エアバスA330の影響を受け経営に行き詰っていた2015年1月から1年8か月を経て再建に乗り出す形となりました。現在、社員の努力や利用者からの協力もあり約15億円の黒字に戻っています。私たち利用者からすれば今後のスカイマークがどうなっていって、何を目指していくのか気になりますよね。スカイマークは今後の進展をどういった形で思い描いているのでしょうか。

■スカイマークの今後の予定は?

スカイマークの今後についてはさまざまな予定があります。
現在26機の航空機を所持していますがこれでは限界があるとし、機体を大きくすることや、航空機の数を増やすことで今後の発展に繋げていきます。
スカイマークは大手でもLCCでもない航空会社を目指し、スカイマークの特徴である低価格帯をキープしつつ大手のような最大限コストをかけた方法ではなく、LCCのようにコスト削減しすぎている形ではない方法で進めていくそうです。
現在、スカイマークは国際線の定期便はありません。チャーター便にしても約6年前から就航しておらず国内のみの運航となっています。スカイマークとして2020年までに羽田空港を中心とする国際便を増やしていく方針にしています。まずはチャーター便を再開し、国際線としての実績を残したいとしているので今後数年の間にスカイマークが国際便を確立させるのもそう遠い話ではないでしょう。

低価格帯維持しつつスカイマークの良さは残し今後の将来性に大きく期待が持てます。
燃油価格が高騰するなか、どうやって再建を目指していくのか?また、東京はオリンピック商戦にのって新生スカイマークとして新しい風を生み出して欲しいですね。大手でもない、LCCでもないスカイマークの良さを感じ、さらに利用者が伸びる未来が2020年には見られそうです。

スカイマークビジネスを国際便でも期待

Categories スカイマークの動向リスト

飛行機の利用者が一番多いのは何といってもビジネスマンでしょう。出張する度に飛行機に乗って移動しているので年間10回以上の飛行機に乗る人もザラだと思います。そんなビジネスマンにとって急な出張でも手軽に予約が出来ることや、疲れて座った時にキツキツでないゆとりのある席は嬉しいものですよね。そんなビジネスマン向けのサービスがスカイマークにはあります。どんなサービスなのでしょうか。

■SKYビジネスでお得に飛行機を利用しよう

スカイマークが行っている法人のお客様専用のSKYビジネスを知っていますか?通常料金よりお得なビジネスマン向けの金額になっている他、最大片道26000円(他社との比較)お得になるサービスもあり嬉しい特典が盛りだくさんです。さらに、ビジネスマンは会社の予定変更などで急に予約が変更になることも多数存在します。スカイマークならご搭乗直前まで予約の変更が出来るだけでなく便の出発前であれば払い戻し・取り消し手数料を無料で使用することが出来ます。さらに嬉しい販売席数に制限がないのでこれなら安心できますね。SKYビジネスをご利用いただく際も特別な機器の準備などは一切必要なく利用料金もかかりません。なのに、経費削減に役立つばかりではなく予約がスピーディーかつ24時間対応なのでいつでも予約が出来てとても便利なシステムです。

■スカイマークが今後国際繊に向けて進むべき内容とは

ビジネスマンに飛行機について求めていることを聞いたところ、安全性・低価格帯・定刻通りに、到着することの3点を希望する人が多い傾向にありました。スカイマークが今後国際便を就航するにあたり、改善すべき点は定刻通りに到着することです。安全性や低価格帯は十分クリアをしているので定刻通りに付かないとビジネスマンたるもの人を空港で待たせていたり会議の時間を押してしまったり時間を大切にするからこそ必須の改善点だといえるでしょう。また、以外にもドリンクなどのサービスは後回しに考えている人も多いようです。アメリカなどの海外の飛行機はドリンクなどのサービスがないことも多いので重視しない場合も多いのだと考えられます。

スカイマークが今後海外に進出する時は、今の安全性・低価格帯を守りつつスカイマークらしさを維持してほしいなと感じます。日本の接客は海外と比較してもとても親切で丁寧です。おもてなしの心を大切にしているからこその気付きもあり海外に就航する時はぜひ生かして欲しいですね。

スカイマークも参戦!今後の国際線に求められることとは?

Categories スカイマークの動向リスト

今後国際線を就航予定であるスカイマークはどのように成長していくのか?また、乗客にとって今後の飛行機に求めることはどんなことなのか?細かく分析していくと、今後の国際便はどうなるべきかが見えてきます。現在日本で国際便を就航している7航空会社とさらに今後の需要について見ていきましょう。

■日本で国際線を就航している航空会社はどこ?

現在、国際線を運航している日本の航空会社は、JAL・ANA・ピーチ・バニラエアー・ジェットスタージャパン・エアアジアジャパン・春秋航空の7航空会社となっています。これに何度もの失敗を経て参入しようとしているのがスカイマーク。以前は韓国仁川空港にチャーター便を運航していた時期もあったが今では国内のみとなっています。新体制になったことで2020年までに国際線を就航させる予定と意気込んでいるようです。実際に今後の航空業界はどのようになっていくべきなのか気になりませんか?スカイマークが今後海外に就航するにはどうしたらいいのでしょうか。

今後の航空業界はどうなっていくのか知りたい!

今後の航空業界は今まで以上にアジア人の搭乗率が増えるといわれています。それも約45%の利用者がアジア人になるとか。そうなるとスマートフォンの充電やWi-Fiサービス、機内でPCが使えること、映像を見て楽しめることなど今まで以上にサービス面での希望が増える可能性があります。短時間の移動であれば気にならないことでも長時間飛行機の中にいるとなるとこういったサービスは貴重です。また、忙しいビジネスマンにとって飛行機内は休息や睡眠をとる場所とする声もあり、リラックスできる空間であることも重視されるといわれています。以前よりも広い席を希望する乗客が増え、少し高いお金を払ってもゆっくり座ってくつろぎたいと考える乗客が多いといいます。こういった需要にいかに乗るかがスカイマークの今後の発展にも意味を成してくるといわれ、乗客が飛行機に求めることが大きくなりそうです。

スカイマークが今後こそは海外に就航する為にも需要を読み、日本と言えばスカイマークと言われるような航空会社を目指してほしいものです。以前、西久保氏が平均搭乗率60%を越えれば運営をしていくことが出来るとしていましたが、出来たら国内線と同様に平均乗車率80%以上を目指してほしいところですね。また、利用者にとって特典が多いと嬉しいもの。マイルを貯められるLCCになったら嬉しいですね。