スカイマークがニューヨーク線に新規参入予定?

Categories 未分類

スカイマークは真意のわからないニュースが流れることが多々あります。過去にもこんな噂があったけどどうなったのかな?と思うものも沢山あり、スカイマークが検討し尽力してきた歴史の一つでもあります。当時西久保氏がスカイマークの社長であった時はITの知識を生かしながらスピード感ある改革を目指していたようです。そんなスカイマークに起きた過去の海外話も交えてご紹介します。

■スカイマークはニューヨークに就航予定だった?
スカイマークがニューヨークに新規参入を予定しているとニュースで流れたことがあります。それは2012年上半期の決算説明会で述べられた話だそうです。当時、超大型エアバス380が導入される話があり、当初はヨーロッパを検討していましたが、なぜかニューヨークの話の方が広まってしまったそうです。当時の西久保氏の話によるとニューヨークのJFK空港において超大型エアバス380が駐機出来るゲートの使用について交渉していたとか。ニューヨークのJFK空港は意外にも激戦区の為、進展が見られなかったそうです。

■スカイマークは台湾に就航予定だった?
2010年以降にスカイマークは台湾に就航しようとしていた時期があります。実際に、過去に韓国の仁川空港にチャーター便を飛ばしていた過去があり台湾を皮切りに海外への進出を目論んでいたそうです。しかし、スカイマークは当時機長の不足により前代未聞の大量欠航を起こしてしまった過去があります。その為、就航ともなれば定期的に安定して飛ぶ必要があり国交省側は難色を示していたそうです。国際便を飛ばし欠航になった場合、両国の間で恥さらしになるとしてまずは国内線の管理から行うように指摘したとされています。
その当時11機スカイマークは所持していたが、国交省の基準で12機になると大手とみなされ、当時スカイマークは小松空港や中部空港、熊本空港などに就航の場所を広めようとしていた矢先でした。

スカイマークは、いい意味でも悪い意味でも挑戦を繰り返しトライ&」エラーを繰り返しています。その背後には時代の流れによるLCCの価格競争があったり、JALの経営不振があったりとさまざまな理由が見え隠れしています。とはいってもスカイマークの伝説はまだまだあり、航空業界とIT業界が混ざることで革新的な変化をスカイマークに起こした人物でもあります。現在は経営不振により社長の座を退く形になりましたが、スカイマークのミニスカートといい、斬新な発想力でスカイマークを変えた人でもあります。