スカイマークが海外進出に失敗した原因は?

Categories スカイマークの動向リスト

スカイマークと言えば経営不振による裁判が今年の3月に終わったばかりです。そのスカイマークがどうしてそこまで追いつめられる結果になってしまったのか。また、何か改善する方法はなかったのか、調べてみました。

■スカイマークが経営不振に陥った理由とは?

A380による国際線とA330による国内線がきっかけとなり経営が厳しくなったとされるスカイマークだが、実はそれ以前に段階があったとされています。もともと羽田空港ではこれ以上の路線を増やすことが難しく今後は国際線に力を入れ始めていました。そうなると国内線でどうやって売り上げを伸ばしていくかと検討した時に、より大きな飛行機を使い乗客数を増やす方法が正しいといわれていました。
ですが円高が進み、売り上げが赤字に傾き始めるとA380の購入中止を検討するようになりました。方法としては2つあり、機材の受け渡しの時期を伸ばすこと、目払い金は諦め別の機材に変更できないか確認することでした。その語交渉途中だったA380についてファックスが届き、選択を迫られる結果となりました。

この話が起きる前にスカイマークは、2010年にJALの経営破綻した時に12機のジャンボジェット機を購入する話があり、1機10億円で購入の話がまとまっていましたが、JALから断わられてしまったそうです。その理由としてスカイマークが入り込むことで運賃が下がり取り返しがつかなくなるとJAL側で判断したからだと言われています。

■その他、スカイマークがやり遂げようとして失敗したこと

スカイマークは当時JALの経営不振を受け退職者の大量採用を開始すると発表していました。内容としては機長と副操縦士が120名、整備士が50名、客室乗務員が100名以上の増員を予定していました。これもすべて国際線への準備のためだとしA380の影響もありこれは叶わぬ夢として終わりました。さらにドル箱と呼ばれる成田~ロンドン、フランクフルト、シアトルなどにも参入する予定もありました。国際線の運航がすぐ目の前に来ていたのに失敗してしまったとされるスカイマークですが本来であればスカイマークが国際線を就航させることに疑問視する声も上がっていました。空港ラウンジやサービス内容からしても中途半端なもので終わるのでは?と言われていたからです。実際にその夢は叶いませんでした。

スカイマークの失敗は今後の経営にしっかり生かされていくことでしょう。8月より新体制になったスカイマークの成長と今後の海外進出が楽しみですね。