スカイマークが今後海外に増やす路線とは?

Categories スカイマークの動向リスト

スカイマークについて明るいとは言えないニュースが流れた2014年~2015年。2016にやっと裁判を終えて民事再生法を終える形となり決着がつきましたね。新しい社長の就任や支援企業が変化したことで今後のスカイマークはさらに急成長が見込まれます。スカイマークの現在と未来の将来性についてまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

■スカイマークの現在は?

まず気になるのは今のスカイマークの状況についてです。スカイマークは今年8月5日全日空を傘下に持っているANAホールディングスやインテグラルなどの支援を受けて経営再建に乗り出しました。
LCCの低価格帯に顧客を奪われる形となったことや、エアバスA330の影響を受け経営に行き詰っていた2015年1月から1年8か月を経て再建に乗り出す形となりました。現在、社員の努力や利用者からの協力もあり約15億円の黒字に戻っています。私たち利用者からすれば今後のスカイマークがどうなっていって、何を目指していくのか気になりますよね。スカイマークは今後の進展をどういった形で思い描いているのでしょうか。

■スカイマークの今後の予定は?

スカイマークの今後についてはさまざまな予定があります。
現在26機の航空機を所持していますがこれでは限界があるとし、機体を大きくすることや、航空機の数を増やすことで今後の発展に繋げていきます。
スカイマークは大手でもLCCでもない航空会社を目指し、スカイマークの特徴である低価格帯をキープしつつ大手のような最大限コストをかけた方法ではなく、LCCのようにコスト削減しすぎている形ではない方法で進めていくそうです。
現在、スカイマークは国際線の定期便はありません。チャーター便にしても約6年前から就航しておらず国内のみの運航となっています。スカイマークとして2020年までに羽田空港を中心とする国際便を増やしていく方針にしています。まずはチャーター便を再開し、国際線としての実績を残したいとしているので今後数年の間にスカイマークが国際便を確立させるのもそう遠い話ではないでしょう。

低価格帯維持しつつスカイマークの良さは残し今後の将来性に大きく期待が持てます。
燃油価格が高騰するなか、どうやって再建を目指していくのか?また、東京はオリンピック商戦にのって新生スカイマークとして新しい風を生み出して欲しいですね。大手でもない、LCCでもないスカイマークの良さを感じ、さらに利用者が伸びる未来が2020年には見られそうです。