スカイマークも参戦!今後の国際線に求められることとは?

Categories スカイマークの動向リスト

今後国際線を就航予定であるスカイマークはどのように成長していくのか?また、乗客にとって今後の飛行機に求めることはどんなことなのか?細かく分析していくと、今後の国際便はどうなるべきかが見えてきます。現在日本で国際便を就航している7航空会社とさらに今後の需要について見ていきましょう。

■日本で国際線を就航している航空会社はどこ?

現在、国際線を運航している日本の航空会社は、JAL・ANA・ピーチ・バニラエアー・ジェットスタージャパン・エアアジアジャパン・春秋航空の7航空会社となっています。これに何度もの失敗を経て参入しようとしているのがスカイマーク。以前は韓国仁川空港にチャーター便を運航していた時期もあったが今では国内のみとなっています。新体制になったことで2020年までに国際線を就航させる予定と意気込んでいるようです。実際に今後の航空業界はどのようになっていくべきなのか気になりませんか?スカイマークが今後海外に就航するにはどうしたらいいのでしょうか。

今後の航空業界はどうなっていくのか知りたい!

今後の航空業界は今まで以上にアジア人の搭乗率が増えるといわれています。それも約45%の利用者がアジア人になるとか。そうなるとスマートフォンの充電やWi-Fiサービス、機内でPCが使えること、映像を見て楽しめることなど今まで以上にサービス面での希望が増える可能性があります。短時間の移動であれば気にならないことでも長時間飛行機の中にいるとなるとこういったサービスは貴重です。また、忙しいビジネスマンにとって飛行機内は休息や睡眠をとる場所とする声もあり、リラックスできる空間であることも重視されるといわれています。以前よりも広い席を希望する乗客が増え、少し高いお金を払ってもゆっくり座ってくつろぎたいと考える乗客が多いといいます。こういった需要にいかに乗るかがスカイマークの今後の発展にも意味を成してくるといわれ、乗客が飛行機に求めることが大きくなりそうです。

スカイマークが今後こそは海外に就航する為にも需要を読み、日本と言えばスカイマークと言われるような航空会社を目指してほしいものです。以前、西久保氏が平均搭乗率60%を越えれば運営をしていくことが出来るとしていましたが、出来たら国内線と同様に平均乗車率80%以上を目指してほしいところですね。また、利用者にとって特典が多いと嬉しいもの。マイルを貯められるLCCになったら嬉しいですね。